Web3国際カンファレンス『WebX』の注目登壇者一挙紹介!

7月25日、26日に世界中からWeb3企業のコアメンバーやNFTプロジェクトのファウンダーが東京に一堂に会するイベント「WebX」。
関連記事:CoinPost主催のWeb3国際カンファレンス『WebX』はどんなイベントか?【情報まとめ】

今回の記事では以下の点について紹介していきます!

  • 注目の登壇者(6名)
  • 登壇日時
  • 会場
  • 登壇内容

岸田文雄/内閣総理大臣

登壇日時:7/25(火) 9:45-9:50
会場:Global Stage Hall B, 7th floor
登壇内容:岸田文雄首相のビデオ挨拶
岸田文雄首相が日本のイノベーションと政府の最近のWeb3推進についてビデオ演説を行う。

平将明/衆議院議員・自民党Web3プロジェクトチーム長

登壇日時①:7/25(火) 10:30-11:00
会場:Japan Stage (Hall B, 7th floor)
登壇内容:政・官・民 各視点で見る日本のweb3の中心地になる大局観
モデレーター:廣末 紀之/bitbank CEO

登壇日時②:7/26(水) 11:30-12:00
会場:Japan Stage (Hall B, 7th floor)
登壇内容:日本のWeb3国家戦略 今後5年で進むべき道を徹底議論
モデレーター:各務貴仁/CoinPost CEO
対談者:渡辺創太/Astar Networkファウンダー、伊藤 穰一/Digital Garage 取締役 共同創業者

Daniel Alegre/Yuga Labs Chief Executive Officer

登壇日時:7/25(火) 10:30-10:50
会場:Global Stage (Hall B, 7th floor)
登壇内容:Yuga Labsと経済産業省の対談
対談者:板垣 和夏/経済産業省大臣官房Web3.0政策推進室 課長補佐

Justin Sun/TRON DAO Founder

登壇日時①:7/25(火) 17:10-17:25
会場:Global Stage (Hall B, 7th floor)
登壇内容:リスク・アセット(RWA): TRONはCryptoの最重要銘柄にどう迫るか?
主要なブロックチェーン・プロジェクトは、現実世界の資産のトークン化を急いでいる。この基調講演では、TRON創設者のジャスティン・サンが、なぜ今がTRONの “RWAサマー “なのかを説明する。

登壇日時②:7/25(火) 17:25-17:40
会場:Global Stage (Hall B, 7th floor)
登壇内容:トロンのジャスティン・サンと対談
モデレーター:Itai Elizur/MarketAcross Managing Partner

千野 剛司/Binance Japan代表

登壇日時:7/25(火) 13:30-13:50
会場:Main Stage (B7a)
登壇内容:日本の暗号取引所事情を理解する
GoxとCoincheckから教訓を学び、コインベースとジェミニを追い出した日本の暗号資産市場は、ユニークで活気があり、外部企業にとっては時に困難な市場である。しかし、日本がWeb3を歓迎するようになるにつれ、取引所もその足場を固めつつある。取引所のリーダーたちから、日本市場のどこにチャンスがあるのかについて話を聞く。

モデレーター:James Kim/Xangle CEO
対談者:加納 裕三/bitFlyer CEO、廣末 紀之/bitbank CEO

畑 圭輔/Square Enixブロックチェーン・エンターテインメント事業部 事業部長

登壇日時:7/25(火) 16:45-16:35
会場:Main Stage (B7a)
登壇内容:STEPNとSquare Enixの対談
対談者:Yawn Rong/STEPN共同創業者

200名を超える登壇者の情報は公式サイトをチェック!

ここでは紹介しきれない256名もの登壇者がいます。
最新の情報は公式情報をチェックしましょう!↓

足立 陽介編集長

投稿者プロフィール

Web3のイベントやセキュリティ記事を中心に執筆してます。
・のぶめい著「Web3.0の教科書」英訳
・IVSサイドイベント「SunnyNFTCafe名古屋#003」にて「トークンエコノミクス」セッション登壇
http://lit.link/Enamichi1

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る