NFT総合ニュース専門メディア

TAG LIST

タグ一覧

ウィークリーまとめ

Weekly NFT (2021/09/27)

今週のNFTニュースピックアップをお届けします

イケハヤ氏、NFTコレクション発売開始

9/20早朝、人気Voicyパーソナリティのイケハヤ氏 @IHayato(Twitterフォロワー31.7万人)が、Opensea上でオリジナルのコレクション「CryptoNinja NFT」の発売を開始しました。

関連記事:【ピックアップNFT!】日本発 忍者のNFTイラストが200万円?
販売サイト: Crypto Ninja NFT | Opensea

「CryptoNinja NFT」は、忍者をモチーフにしたかわいいイラスト計50枚からなるコレクション。
忍者は、1日1体程度のペースでリリースされており、現在11体の忍者がリリース済。
連日オークションが過熱して話題をさらっています。
最高値のもので、3ETH=時価約90万円で落札されたイラストもあります。

同コレクションの入札が過熱している要因として、インフルエンサーであるイケハヤ氏自身の緻密なマーケティング戦略が挙げられます。
この点に言及すると長くなるため、詳細は別途、特集記事を組みます。

またイケハヤ氏は自身のTwitter・VoicyにおいてNFTの話題を連日取り上げており、それによってVoicyのプレミアムリスナー数が倍増したとのこと。(約200人→400人
先刻リリースされ、Twitterで告知したNFT初心者用メールマガジンは、登録者が早くも4000人を突破したとのこと。

>>無料メルマガの登録はこちらからどうぞ

これらのことから、これまでNFTにもCryptoにも触れてこなかった一般ユーザ層が、NFTマーケットに流れてこようとする兆候が見て取れます。
日本国内でNFTを取引したことのある人の数は、せいぜい1万~2万程度ではないかとの推測されます。
イケハヤ氏周辺だけでも少なくとも4000人以上ものNFT初心者層がNFTに興味関心を持っているということは、今後数日、数週間で日本のNFTマーケットは急拡大するのでは無いかと推測されます。
まだ手を付けていない人は、是非今のうちに触ってみては如何でしょうか。
ただし、くれぐれも投資は自己責任、DYORですよ。

国内NFTマーケットサービスリリースに向けてDAOプロジェクト始動

9/26午前、パジ氏 @paj_a (Twitterフォロワー:9,107 人)が、NFTに関する国産サービスのリリースに向けてプロジェクトを始動させました。
ここでは概要を紹介します。

もう少し詳しく知りたい方はこちらの記事へ
詳細記事:国産NFTサービス開発(Projects IC)始動

プロジェクトの概要(仮称:Projects IC)

概略

アニメやゲームなどのキャラクター版権を持つ会社や製作委員会が、LINE公式スタンプのように、Twitterアイコン向けの「公式アイコン」をNFT化して販売できるサービスのニーズが、日本発でグローバル・サービスとして実現できる最良のタイミングである。

状況

先日、Twitter社は、Twitterプロフィールで設定しているアイコン画像などについて、NFTを活用することで、掲載権利をそのユーザーが持っているかを誰もが確認できる機能を近々実装すると発表しており、NFT化された「公式アイコン」で”自己表現”を行うニーズが急増する可能性が高い。
ニュースになったばかりで、まだTwitter社は機能を公開していないので、実際どのような仕様になっているかはわからないですが、下記の内容はほぼ確定と思われるので、今回提案する企画に多少誤差があっても、軌道修正/転用/流用が可能と考えます。

具体案

①公式(権利元)と②(NFT化公式アイコンを使いたい)ファンが、マッチングされるデジタルコマース。
①公式は公式画像のアップロードとNFT化
②ファンは使いたい画像のチョイスと購入機能
二次流通以降はOpenSea任せ。
日本語開発優先も、英語圏に即展開できるようにする。

進捗状況

パジさんが呼びかけを開始して約24時間でDiscordに100名の有志が集結。
現在は役割分担を決めており、参加したい人は自分のスキルなどを表明して欲しいとのこと。

参加方法は?

先ほどのパジ氏のツイートのツリーを全部読みつつ下っていくと、参加権NFTの販売ページと、Discordのリンクが張ってあります。
こちらにも出しておきます。

>>Discordへ参加

>>NFT参加権(無料)を申請

>>配役表

今後も要チェックのプロジェクトですね。
なかなかこのようなプロジェクトの立ち上げに関わる経験はできません。
ワクワクしながら見守っているNFTファンも多数いる模様。
見学だけでも歓迎とのことなので、気になる人はDiscordを覗いてみてはいかがでしょうか。

詳細記事:国産NFTサービス開発(Projects IC)始動

日本人 CryptoPunk オーナーが続々

最も人気のあるNFTコレクション「CryptoPunks
ここのところ、立て続けに日本人オーナーが増えております。
Twitterベースで、把握分だけ共有いたします。
他にも日本人のホルダーをご存知の方は、TwitterDMにて情報提供お待ちしております。
>>公式Twitter

立て続けに3人のCryptoPunksオーナーが誕生しました。
彼らが連日NFTのツイート等をしたことで、日本のNFT界のある種の牽引役のような役割を果たし、NFT初心者でもNFTに興味を持つキッカケになったと思われます。
今後も、NFTに価値を見いだす富裕層が市場に参入し、日本人のCryptoPunksオーナーが増える可能性は十分にあります。
尚、流行している使い方は、自身のTwitterアバターをCryptoPunksの画像に変更してしまうというものですが、パチューチャイ氏は半分に切って、旧来の自身のアイコンと半分に合体させて使用しています。
NFTファンの間では、TwitterアバターをNFT画像にすることが流行しており、誰が誰だかわからなくなるという現象がチラホラ散見されています。
パチューチャイ氏のように半々にすれば、そのような不便さは解消されるかも知れません。

TwitterがNFT認証に対応へ

Twitterの新機能ラッシュが続いています。
ここ最近で発表された新機能は、「ビットコインのチップ」「NFTの認証」「スペースの録音」「クリエイター向けファンド」です。

ソース記事:Twitter、ビットコイン・ティッピングの世界展開、NFTアバターの認証を開始

近頃、TwitterにNFTで所有しているアイコンをアバターに設定する行為が流行しています。
しかしNFT画像自体は誰にでもダウンロードできてしまうことから、真正な所有者以外でも自由勝手にアイコンに設定することが出来てしまいます。
TwitterがNFT認証機能を導入した場合、プロフィールアイコンにはNFTを所有しているウォレットの持ち主しか画像を使用出来なくなるはずです。
まだ詳細は明らかになっておりません、サービスの進捗は要チェックですね。

関連記事:ツイッター「ビットコインのチップ」「NFTの認証」「スペースの録音」「クリエイター向けファンド」など新機能ラッシュ再開

SoftbankがSorareへ745億円の投資

ソース記事:サッカーNFTゲームのSorareが約744億円を調達、ソフトバンクが主導

Sorareとは、デジタルのプレイヤーカードを利用して仮想のサッカーチームを購入・取引できるファンタジーゲームを運営する会社です。
ソフトバンクがCryptoへ進出するのは今回が初めてではありません。
3月に、DeFiプラットフォームの「Juggernaut(ジャガーノート)」への投資を行い、
7月に、NFTマーケットプレイス最大手の「OpenSea(オープンシー)」への投資を主導しています。

今後の動きにも注目です。

あとがき

今週の目立ったニュースをご紹介しました。
当メディアでは、NFTの今がわかるニュースをテンポ良くご紹介していけるよう努めて参ります。
現在、Voicy、メルマガでの情報発信も準備中です。

音声で学びたい人は『Voicy』
業界の最新トレンドを、毎朝わかりやすく発信中!

新着記事

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
PAGE TOP

【無料】Voicy毎日発信中

毎朝、音声で最新トレンドを解説!
無料で聞く