NFT総合ニュース専門メディア

TAG LIST

タグ一覧

プロジェクト

国産NFTサービス(Projects IC)始動

国内NFTマーケットサービスリリースに向け、DAOプロジェクトが始動

9/26午前、パジ氏 @paj_a (Twitterフォロワー:9,107 人)が、NFTに関する国産サービスのリリースに向けてプロジェクトを始動させました。

プロジェクトの概要(仮称:Projects IC)

概略

アニメやゲームなどのキャラクター版権を持つ会社や製作委員会が、LINE公式スタンプのように、Twitterアイコン向けの「公式アイコン」をNFT化して販売できるサービスのニーズが、日本発でグローバル・サービスとして実現できる最良のタイミングである。

状況

先日、Twitter社は、Twitterプロフィールで設定しているアイコン画像などについて、NFTを活用することで、掲載権利をそのユーザーが持っているかを誰もが確認できる機能を近々実装すると発表しており、NFT化された「公式アイコン」で”自己表現”を行うニーズが急増する可能性が高い。
ニュースになったばかりで、まだTwitter社は機能を公開していないので、実際どのような仕様になっているかはわからないですが、下記の内容はほぼ確定と思われるので、今回提案する企画に多少誤差があっても、軌道修正/転用/流用が可能と考えます。
1. NFT認定機能は、Twitterプロフィールアイコンは少なくとも対象内
2. メタマスクなどのウォレットを通じてイーサリアム系NFTが認証され、プロフィール上やアイコン上などでそのNFTを保有していることが可視化される
3. Polygonに対応するかは未知数も、世界最大のOpenSeaに対応していることから有力候補
4. イーサリアムのみの場合、数千円単位のファンアイテムとなるため、GAS代が高すぎて原価割れし、しばらく流行は厳しい可能性高い
5. まだ売上的にあらゆる方向性や手段を模索している(だろうと思われる)国内のNFT事業者やその他今回をキッカケに参入したい企業も、”商品”の方向性として狙いたいひとつの領域であることから競合になりえる(協業できる可能性もあり)

具体案

①公式(権利元)と②(NFT化公式アイコンを使いたい)ファンが、マッチングされるデジタルコマース。
①公式は公式画像のアップロードとNFT化
②ファンは使いたい画像のチョイスと購入機能
二次流通以降はOpenSea任せ。
日本語開発優先も、英語圏に即展開できるようにする。

方向性

①公式(権利元)も②ファンも、リテラシー的にはメタマスクや暗号資産を直接操作することは、今は難しいタイミング。
しかし、1-2年後に状況が変わる可能性があると見込んでいる。
以下の2つのサービスの大きな方向性がありる
A. Web3.0=メタマスク接続
B. Web2.0=ID/パスワード+クレジットカード決済

Bは既存の企業が比較的優位に進められる領域。
本プロジェクトはDAO的に進めるプロジェクトであることもあり、数年後の”当たり前”をにらんで、いったんAでのサービス設計を考える。

具体案

1. ①公式がメタマスク接続&画像登録
2. ①公式のウォレットアドレスで、コレクション名(キャラやチーム)、作品名、販売上限数、単価(ETH)、発行チェーン(イーサリアム / Polygon)、(二次流通以降のロイヤリティ手数料率を設定)
3. ERC721 / ERC1155でNFT化
※過去にコレクションを作っている場合は、デフォルト選択肢が出てくる
※過去にロイヤリティ手数料を設定している場合は同率がデフォルト
※NFT化された時点でOpenSeaにも表示はされるが販売はされない
※本サービスの手数料はOpenSeaなどを考慮し暫定1%(一次流通・二次流通も同様)
4. ②ファンはトップページ/検索/カテゴリから気になる公式画像をタップし詳細ページへ
5. トリミング画面で拡大・縮小しつつ、Twitterサイズに指定された正方形に切り抜きする
6. Twitterにあてはめたときのプレビュー表示(この時点ではまだ購入前かつTwitter接続もまだしない)
7. このタイミングで②ファンにメタマスク接続を誘導(指定したチェーンと異なっていた場合は変更誘導)
8. 購入上限数内であれば指定された価格でETH決済
9. 購入完了ページでTwitterのNFT認定の案内とTwitterアイコンのワンタップ更新ができる
10. 購入後は保有NFTのトリミング再調整ができワンタップ更新可(GAS代不要署名のみ)
11. ②ファンが転売したくなったらOpenSeaで転売可能 ※二次流通時、ロイヤリティ手数料は1%が本サービスへ、①公式にも設定したロイヤリティ手数料が戻る

進捗状況

こちらのプロジェクトは、開始後約24時間でDiscordに100名の有志が集結。
見るだけでも歓迎とのこと。

参加方法は?

先ほどのパジ氏のツイートのツリーを全部読みつつ下っていくと、参加権NFTの販売ページと、Discordのリンクが張ってあります。
こちらにも出しておきます。

>>Discordへ参加

>>NFT参加権(無料)を申請

>>配役表

今後も要チェックのプロジェクトですね。
なかなかこのようなプロジェクトの立ち上げに関わる経験はできません。
ワクワクしながら見守っているNFTファンも多数いる模様。
見学だけでも歓迎とのことなので、気になる人はDiscordを覗いてみてはいかがでしょうか。

音声で学びたい人は『Voicy』
業界の最新トレンドを、毎朝わかりやすく発信中!

新着記事

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP

【無料】Voicy毎日発信中

毎朝、音声ラジオで最新トレンドを解説!
無料で聞く