NFT総合ニュース専門メディア

TAG LIST

タグ一覧

学ぶ

【Decentraland(メタバース)に建物をつくろう】初心者向け色の付け方

メタバース建築の連載記事「Decentralandに建物をつくろう」🐥

Decentraland(メタバース)に建てる建物を3DCGソフトBlenderでつくっていきます。

今回は、Lesson3ということでステージと階段、EV(エレベーター)に色つけます!

前回の記事はこちら▼

#Lesson 0
【初心者向け】Decentralandの仕様とBlenderの設定方法を解説

#Lesson 1

【Decentraland(メタバース)に建物をつくろう】初心者向けBlenderの使い方

#Lesson 2
【Decentraland(メタバース)に建物をつくろう】初心者向けコライダーの作り方

Decentraland(DCL)の仕様


DCL用に制作する場合、色をつける時にちょっと工夫が必要になります。

マテリアル数に制限があるためです。
制限については#Lesson0 に記載しましたのでご覧ください。


たとえばDCLの1区画に制作する場合は、
マテリアル数は20以内に収める必要があります。

普通に色をつけてしまうとすぐにこの制限をオーバーしてしまうので、カラーテクスチャを使用して色をつけます。

また、Blenderでノードテクスチャ等の複雑なカラー設定をしても、DCL でサポートされていない場合があります。
せっかくBlender上でキレイな色に設定してもDCLに持っていくと真っ黒ということもあるので注意が必要です。
詳しくは「DOCS」の記事をご覧ください。

今回は、DCLで使える基本的のカラー設定についてご紹介します!

それでは、はじめましょ〜!


カラーテクスチャをダウンロード


まず、こちらからカラーテクスチャをダウンロードします。

3つありますが、どれでも大丈夫です。好きなものを選んでください。
今回は2つ目のものをダウンロードしてみます。


「Download」をクリック。


右クリックから「名前を付けて画像を保存」、自分のPCに画像を保存します。


基本のカラー設定


まず、カラーテクスチャを利用した基本の色の付け方についてです。

ステージに色をつける①

blenderを開き、Lesson1Lesson2で作成したファイルを開きます。
まだ作成していない人は、前の記事を参考にぜひ作ってみてくださ〜い!

はじめに、コライダーには色をつけなくて大丈夫なので、コライダーコレクションの「目のマーク」をオフにします。



ステージから色をつけます。
「stage1」を選択。
「マテリアルプロパティ」から「新規」をクリックします。



「Shading」をクリック。「マテリアルプレビューモード」になっていることを確認します。
先ほどダウンロードしたカラーテクスチャを保存先のフォルダからドラック&ドロップします。


「カラー」と「ベースカラー」をつなぎます。


「UV Editing」をクリック。
「編集モード」、「面選択」になっていることを確認し、「A」キーで全選択します。


右クリック→「面をUV展開」→「キューブ投影」を選択します。


続いて、カラーマテリアル上で「A」キーを押して全選択し、「S」キーで小さくします。


小さくしたら「G」キーで好きな色に移動してください。


マテリアルの名前を変えておくとわかりやすいです。




ステージに色をつける②

続いて、もう一つのステージも色をつけます。

一旦「TAB」キーで「オブジェクトモード」にし、「stage2」を選択。
「新規」の横にあるマテリアルマークから先ほど作ったマテリアルをクリックします。


ここからは先ほどと一緒です。好きな色に変更してください!
これで1つのマテリアルで2つカラーを作ることができました。



光沢のあるピカピカな質感

続いて、階段に色をつけます。

次は光沢のある素材感を出していこうと思うので、別のマテリアルにします。

「TAB」キーで「オブジェクトモード」にし、階段「Stairs1」を選択。
先ほど作成したマテリアルをクリック。


別のマテリアルとして登録したいので、「新規マテリアル」を選択し、名前を変えておきます。


同じ手順で好きな色に変更してください。


「サーフェス」内から、
メタリック:0.3
粗さ:0.1
に変更します。

つるっとした、ピカピカした質感に変わったのがわかるでしょうか…?


マットな質感

次に、もう一つの階段も色をつけます。今度は光沢のないマットな質感にしていきます。

「TAB」キーで「オブジェクトモード」にし、階段「Stairs2」を選択。
一番最初に作成したマテリアルをクリックします。


「新規マテリアル」として登録し、マテリアルの名前を変えておきます。


先ほどと同様の手順で好きな色に変えたら、
「粗さ」を「1」にします。
これで光沢のないマットな質感の階段になりました!


発光させる

最後に、発光するマテリアルを作ります。
次回のLesson4で作るエレベーターを発光させようと思います。

「shift + A」から「メッシュ」の中の「平面」を選択。
「TAB」キーで編集モードにしたら「E」→「0.2」 で厚さを0.2mにします。
「TAB 」キーで「オブジェクトモード」にしたら「G」キーでこのくらいの位置に移動してください。
オブジェクトの名前も「EV」にしておきます。


先ほどと同様に、最初に作ったマテリアル「dclcolors」を選択したら「新規マテリアル」として登録し、名前を変更します。


好きな色に変えたら、「放射」から明るくなるように調整します。
「放射の強さ」は「1.0」くらいで大丈夫です。



Blender上だとちょっとわかりにくいですが、builderに持っていくとこのくらい光って見えます。

これで完成です!!お疲れさまでした〜!!!


さいごに

たくさんのオブジェクトを作る場合、このように同じ質感のものはまとめて設定することで、マテリアルの数を抑えることができるので、参考にしてみてくださ〜い!

次回は、EVにアニメーションをつけていきます!お楽しみに〜〜

もしわからないことがあれば、Media DAOのDiscordにてBuilderチーム(@Builder)までご連絡ください。
Media DAOではメタバース建築のプロジェクトがたくさんありますので、興味がある方はぜひご参加くださ〜い🐥

『Voicy』で毎朝配信中!
業界の最新トレンドをキャッチしたい人はフォロー!

新着記事

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP

【無料】Voicy毎日発信中

毎朝、音声で最新トレンドを解説!
無料で聞く