NFT総合ニュース専門メディア

TAG LIST

タグ一覧

海外

ヨーロッパの貴族「ロプコヴィッツ家」伝統アートのNFTを販売 ー 歴史的建造物を修復のため

欧州の貴族であるロプコヴィッツ家(チェコ共和国)が、伝統アート分野を維持するためにNFTの販売を行うことがわかった。

600年の歴史を持つボヘミアンの貴族が、最新の流行を取り入れており、NFTを使って美術品コレクションと先祖代々の城の修復費用に役立てようとしている。
ロブコヴィッチ家はかつてベートーベンのスポンサーだったが、ナチスや共産主義者にすべてを奪われ、共産主義崩壊後の1990年代に城や美術品を取り戻した経緯がある。
10月、プラハの街全体を見渡せるロブコヴィッチ宮殿で、多数のNFTをオークションにかけ、カンファレンスを開催する。

27歳 若き王子の英断

ボストンで生まれ、チェコで育った27歳の王子、ウィリアム・ルドルフ・ロブコヴィッチは、「私たちは公的な資金を一切受け取らない」と言います。”父は時々、我々は世界で最も裕福な貧乏人だと言っています。私たちは、修復がどうしても必要な作品を展示するつもりです。”

物理的なものであれ、デジタルなものであれ、何かの所有権を証明する役割を果たすデジタル証明書が数百万ドルで販売されるという、ここ1年で爆発的に広まったトレンドを、ファミリーは掴みたいと考えています。販売されるNFTの1つは、プラハ近郊にある一族の4つの資産のうちの1つであるネラホゼベス城の壁に描かれた「ヘラクレスの徴兵」のパネルの劣化と修復を示すアニメーション作品です。

コロナの影響で苦境


1990年代になって、一家は城を取り戻し、さらにブリューゲル、カナレット、ベラスケスの作品や、モーツァルトやベートーヴェンの手書きの注釈付き原稿など、2万点にも及ぶコレクションを手に入れたのである。これらの作品は国の重要文化財に指定されているため、政府の許可なく売却したり、国外に持ち出すことはできません。そのため、ロブコヴィッチ家は、コレクションの管理を観光やイベントで賄っている。年間10万人もの人々がこのコレクションを訪れます。

しかし、パンデミックの影響で、これらの活動は一時中断されました。その代わり、ロブコヴィッチは、毎週日曜日にコレクションのデジタルツアーを行うなど、無料のイベントで関心を集め、1年間で約13万人が訪れました。また、城内の歴史的建造物を利用したバーチャル・ヨガ教室も開催しました。

今、彼はNFTに挑戦しています。NFTはこの1年間で巨大な市場になりました。NonFungible社によると、1日あたりのNFTの売上は、8月下旬に2億6800万ドルでピークに達しました。

新しいタイプの資金調達を模索

デジタルメディア・イノベーション担当ディレクターの肩書きを持つLobkowiczは、関心を呼び起こし、関連性を保ちながら、新しいタイプの資金調達を模索していると言います。「それが、私たちがあと600年存続するための方法です」とインタビューに答えています。”NFTは新たなフロンティアと言えるでしょう。”

このイベントは、「Non-Fungible Castle」という1日限りの招待制カンファレンスでスタートします。参加費は400ユーロで、もちろん暗号で支払います。この会議では、NFTにまつわるテーマ、例えば、このブームは詐欺なのかどうかなどを探ります。予定されているパネルディスカッションのタイトルは、「NFTs: Nothing F**king There?” や “What Are You Really Buying?” などが予定されています。
また、プライベートコレクションの特定のアイテムの修復に貢献したことを、ブロックチェーンベースで証明するものを購入することもできます。また、複数のアーティストがNFTを販売し、その収益の半分を修復に充てる予定です。


参照引用 (※機械翻訳併用)

『Voicy』で毎朝配信中!
業界の最新トレンドをキャッチしたい人はフォロー!

新着記事

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

【無料】Voicy毎日発信中

毎朝、音声で最新トレンドを解説!
無料で聞く