NFT総合ニュース専門メディア

TAG LIST

タグ一覧

海外

フェラーリがNFTとブロックチェーンのレースに参戦!?

フェラーリのCEOであるBenedetto Vignaは、NFTやブロックチェーンなどの技術がどのように自分たちのブランドの役に立つかを検討していることを明かした。
その際、多くの企業がWeb3.0やMetaverseに積極的であること、そして、デジタル空間には、自社のブランドにとって大きなチャンスがあるということを語った。2022年は、フェラーリにとって75周年を迎える重要な年。さらに、2022年6月16日の新しいビジネスプラン発表では、NFTとブロックチェーンのプロジェクトがハイライトの1つになるといわれている。

フェラーリの2022年NFTとブロックチェーンへの取り組み

先日の決算説明会で2021年第4四半期決算の概要を説明した際、Vignaは、Web 3.0は彼らの注目に値する分野であるとして、「デジタル技術とWeb 3.0の最前線に立つために、Amazon Web Servicesのような最先端の技術パートナーとの関係を強化している」と述べている。
フェラーリは2021年末にすでに暗号の世界に第一歩を踏み出していて、2022年のレースシーズンに向けて、スイスのテクノロジー企業のVelas Network AGを公式NFTパートナーに指名した。

フェラーリがNFTに大きな賭けをするのは、複数年契約が同社の全レーシングラインに及ぶからだ。Velasは、フェラーリのオンライン・ブランド・シリーズであるFerrari Esports Seriesのタイトルスポンサーになっている。この契約は、同社のEsportsチームにも適用される。

最初のデジタルコレクティブルは、2022年3月(F1の次のシーズンが始まる頃)までに購入できるようになる予定。スクーデリア・フェラーリのゼネラル・マネージャー兼チーム代表のMattia Binottoは、Velasがこのプロジェクトの完璧なパートナーであり、同社を “イノベーションとパフォーマンスを、技術的に高度な製品とサービスのする “存在であると述べている。

一方、Velasの共同創業者で最高経営責任者のFarhad Shagulyamovは、自社のプラットフォームを紹介することに期待を寄せている。「持続可能性とパフォーマンスの両方に重点を置く次世代ブロックチェーンを構築したことで、卓越したもう一つのアイコンと提携することは自然なことだ」

レッドブル、マクラーレンなど競合もNFTに参戦

実際、競合他社はNFTを倍増させている。例えば、レッドブル・レーシングはグリーンブロックチェーンのTezosと提携し、昨年2021年12月にsweet.ioで独占的にNFTの投下を開始した。一方、マクラーレン・レーシング・コレクティブは、F1カーの3DパーツをNFTとして発売した。

Red Bull Racing Collectibles
McLaren-Racing-Collective

今年はレースの行方とともに、NFTでの主導権争いも目を離せないかもしれない。

出展:
Ferrari NFTs and Blockchain Projects May Be Coming Soon

『Voicy』で毎朝配信中!
業界の最新トレンドをキャッチしたい人はフォロー!

新着記事

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

【無料】Voicy毎日発信中

毎朝、音声で最新トレンドを解説!
無料で聞く